中古マンション・戸建選びとリノベーションで自由な住まいづくり。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

MENU

リノブルーム公式ブログ

お客様との密接なコミュニケーションのもと、プラスαの提案を実践|中古を買ってリノベーション。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

5

こんにちは、阪急不動産「リノブルーム」のスズキです。

リノブルームが手がける「中古×リノベーション」に限らず、家やマンションを購入する際には、何かとわからないこと疑問に感じることも多いのではないでしょうか。

それらの不安を解消し、安心して検討・購入いただけるように、阪急不動産では物件探しからアフターサービスまで、全てを自社内で対応し、お客様の物件選びや住まいづくりを丁寧にサポートいたします。

そして、どの工程でも私たちが大切にしているのが、お客様との密接なコミュニケーションです。
例えば、お部屋の間取りや仕様を決めるプランナーは、お客様と対話を重ねる中で希望されている「暮らしのニーズ」の優先順位をしっかりと把握。その順位付けを徹底した上でお部屋を構成し、プランをご提案しています。

その際に、予算との兼ね合いや技術的な問題など、「出来ること」と「出来ないこと」を明確にし、条件的に難しい箇所はそのことをしっかりとお客様にお伝えします。

また、お客様は細かいところまでイメージが固まっているわけではないので、その埋もれているニーズを引き出すのもプランナーの大切な仕事です。

例えば、実際にあったケースとして、「娘さんがお母さんと洋服を共有している」というお話を受けて、お互いの部屋からアクセスできるウォークインクローゼットを提案したり、朝起きてからの行動をヒアリングして無駄のない動線計画を提案するなど、潜在的なニーズを掘り起こし、「どのような暮らしをしたいのか」というお客様の思いを実現していきます。

お客様の希望をフォローするのはもちろん、要望として挙がっていなかったニーズまでを引き出し、カタチにする。この高い提案力と、徹底したお客様目線で取り組むサポート体制が、満足度の高いリノベーションにつながっているのです!

2017年05月18日 Posted by スズキ

コーディネーターとプランナーの連携により、お客様の希望をカタチに|中古を買ってリノベーション。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

こんにちは、阪急不動産「リノブルーム」のスズキです。

「中古×リノベーション」の流れとして、前回(http://www.hankyu-renovation.com/blog/entry-1279/)は最初の行程となる中古物件探しについてお話させていただきました。
購入したい物件おおよそが決まった時点で、次は間取りをはじめ、その中身をどうするのかを決めていきます!

4

お客様とともに物件を探したコーディネーターにリノベーションプランナーが加わり、さらに詳しく「理想の暮らし」についてお伺いします。
通常の打ち合わせのほか、ショールームにも同行。お客様のプランをより具体的なものにし、間取りやデザイン、設備、仕様などを決めていきます。

新しいお住まいの中身についてあれこれ考える中古リノベの一番楽しい期間です!

並行して住宅ローンの手続きを進めながら、プランを修正していきます。工事がスタートして、約2ヶ月で完成となります。
(物件契約時から見て、3ヶ月~4ヶ月で完成)

決められた間取りや仕様に合わせて暮らすのではなく、ライフスタイルに合った住まいづくりを自由につくってみる。そうして出来上がった住まいは、本物の愛着と満足感を与えてくれるはずです。

経験豊富なプランナーをはじめ、当社のスタッフ一同が、お客様の理想の住まいづくりをサポートさせていただきます! お気軽にお問い合わせください。

2017年05月16日 Posted by スズキ

阪急不動産グループが全力を上げて、条件にあった中古物件探しをサポート|中古を買ってリノベーション。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

3

 

こんにちは、阪急不動産「リノブルーム」のスズキです。
今回は、「中古×リノベーション」の実際の流れについてご紹介させていただきますね。

まずは、お客様の理想の暮らしライフスタイルをお聞かせください。専属のコーディネーターが豊富な中古物件の中から、ご希望の予算・エリア・広さに合ったリノベーション向き物件をご紹介します。お客様だけの特別な一邸を見つけてください。

個別の相談はもちろん、月に3回「中古物件の探し方」「リノベーション」についてのセミナーを開催。気軽にご参加いただけるとうれしいです。
直近ですと、明日・明後日の5月12日、13日に阪急西宮ガーデンズ5階スタジモにしのみやで「中古を買ってリノベーション」はじめの一歩セミナーを開催します(直前の情報ですみません)。詳細はHPをご覧ください。

そして、コーディネーターと一緒に中古物件探しにおいて力となってくれるのが、阪急不動産自社直営の仲介窓口「阪急ハウジングプラザ」です。阪急沿線の主要駅を中心に11拠点を開設し、沿線地域を知り尽くした阪急不動産ならではの仲介ネットワークを駆使して、お客様一人ひとりの中古物件選びをお手伝いさせていただきます。

物件が決まったら、コーディネーターがお客様からお伺いした思いや希望を、デザイン・工事を担当するプランナーへとつないでいきます。

阪急不動産のスケールメリットを活かし、物件探しの段階から手厚いフォローが実践できるのも、リノブルームの強みです!

 

2017年05月11日 Posted by スズキ

「リノベーション」と「リフォーム」の違いとは?|中古を買ってリノベーション。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

2

 

こんにちは、阪急不動産「リノブルーム」のスズキです。

突然ですが、みなさんは「リノベーション」と「リフォーム」の違いってご存知ですか?

「リフォーム」がメンテナンスや部分的な補修など小規模な工事も含む改修工事全般を指すのに対し、「リノベーション」はライフスタイルやライフステージに合わせて住まい全体を見直し、その家での暮らし全体について対処するための包括的な改修を指します。
リフォームの大きなくくりの中に、リノベーションがあるイメージですね。

例えば、マンションであれば「スケルトン」と呼ばれる構造躯体以外の間仕切りや仕上げを全て取り払った裸の状態から作り変える工事などがそれに当たります。
予算・間取り・立地・広さ・デザインを満足のゆく高い次元で実現できる住まいづくり、それが「中古×リノベーション」というわけです。

メリットとしては、新築マンションのように間取りがある程度決まっているのではなく、一から自分の思い描いている部屋を実現することができ、それでいて価格も新築に比べて抑えられるということが挙げられます。

また新築の場合、必ずしも「住みたい場所に、住みたいマンションが建つ」とは限りません。その点、中古物件は「住みたい地域、場所」を基準に物件を探すことができるのも魅力でしょう。

住宅供給の流れとしましても、新しい住宅を次々と供給してゆく「フロー」型から、中古市場を中心に今ある住宅を活用してゆく「ストック」型へ移行しつつあります。
それは日本が人口形態や経済的に成熟した社会として、そして世界的な環境問題に対する必然でもあります。

そんな時代やお客様の要望に応えるとともに、沿線地域の付加価値を高める大切な事業として、これからも「リノブルーム」を推進するとともに、みなさんの「理想とする住まいづくり」を全力でサポートさせていただきます!

 

2017年05月09日 Posted by スズキ

「中古×リノベーション」をご提案する阪急不動産の「リノブルーム」|北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に「中古を買ってリノベーション」を展開中です。

1

 

はじめまして、阪急不動産「リノブルーム」のスズキです。

このたび、念願のfacebookページを開設することになりました!
ページはこちらです>>https://www.facebook.com/1837811233134147/
記念すべき第1回目は、私たち「リノブルーム」についてお話させていただきますね。

阪急不動産は、阪急・阪神沿線を中心にマンションブランド「ジオ」シリーズの分譲事業や宅地戸建分譲、売買仲介、リフォーム、賃貸管理、土地活用などのサービスを展開する総合住宅デベロッパーです。
「住まい」に関するあらゆるご相談にワンストップ・ソリューションでお応えしています。

その中で2013年に誕生したのが、中古物件探しから、お客様の好みにあわせたリノベーション工事、アフターサービスまでを阪急不動産がトータルサポートする「リノブルーム」です。

阪急沿線を中心に自社の仲介店舗を11拠点持つ、中古ネットワークの強みと、これまで数多くの分譲事業を手がけてきた実績を活かし、阪急不動産ならではの付加価値を生む新事業としてリノブルームが立ち上げられました。

リノブルームは「リノベーション」と「ブルーム(咲く)」を組み合わせた造語で、「あなたの住まいに、もっと自由を咲かせたい」という願いを込めています。7色の花びらはお客様一人ひとりのオーダーメイドの「住まい」を現しています。

「憧れの街に住みたい」「希望する自由な空間を手に入れたい」
そんなお客様のニーズや夢の実現に少しでもお役に立てればと考えたことが、今回SNSをスタートさせるきっかけのひとつにもなりました。
お客様のお役立ち情報を中心に、今後さまざまな記事を発信していきますので、ご期待ください!

 

 

2017年05月09日 Posted by スズキ

お子様との時間を大切に考え、子育てを楽しむリノベーション

中古×リノベを検討するきっかけとして、
「家族が増えて手狭になった」
「家賃がもったいない」
「自分のお気に入りの部屋に住みたい」
「社宅期限」「新築は高い」「結婚を機に」
と様々な理由をお聞きします。

今日は、
「子供さんの小学校入学のタイミング」で、
中古×リノベを検討していただいたT様ご家族をご紹介します。

当初リノベーションにあまり関心のなかったT様でしたが、
スケルトン工事現場や完成邸をご見学いただくことで、
徐々に表装リフォームとの違いをご理解いただきました。

ご商談の中で、私がとても印象に残ったご主人様の言葉。
「一度きりかもしれないマイホーム購入、
どうせ買うなら家族に安心して永く住んでもらえる家をつくりたい」

どんな間取りや設備がその家族に合っているかは、
ご家族によってさまざまだと思いますが、
ご主人様のこの言葉は、
まさにスケルトンリノベーションをするか悩んで
いる方々に大きな声で絶叫して欲しい言葉です!

築35年の全くリフォーム履歴のない
リノベーション向きマンション。

IMG_0217

IMG_9491

IMG_9481

名称未設定-1

躯体以外の解体が終わったスケルトン状態の立ち合い確認。

IMG_0283

IMG_0255

リノベーション完成前の立ち合い確認。

IMG_1802

IMG_1801

約二か月の工事期間を経て、
「仲良し家族がもっと仲良くなる家」が完成。

mukogawa_0174a

mukogawa_0031

mukogawa_0266

mukogawa_0017

リノベーションした新しい住まいは、
南面バルコニーから注ぐ光と風が家中をめぐる、
心地よい空間。
広々とした開放的なLDKで、
家族みんなが一緒に
ワイワイと寛げる時間を。

先日、一ヶ月ぶりに訪問させていただきました。
新居にも慣れ、広い家の中を走り回っている子供たち。
変わらず元気に過ごしていただいて私も嬉しい。

mukogawa_0387

阪急不動産のじぃじぃも楽しい時間ありがとね。

IMG_2445

カンタ君、ピッカピカの一年生おめでとう!!
新しいお友達たくさんつくってね。

IMG_3375

事例はコチラ→

 

//// 阪急不動産の中古を買ってリノベーション Reno-Bloom
ロゴ(HRロゴ併用無し)
http://www.hankyu-renovation.com/renobloom/

2017年04月11日 Posted by ishigami

無垢フローリングのお手入れ

こんにちは。リノベーション担当のモリさんです。
リノベーションをご検討中のお客様の中には、フローリングは無垢材にしてみたいけどお手入れってどうするの?
面倒くさくないのかな?
というお声をよく聞きます。

そこで今回はよくある質問にお答えしたいと思います。

◆日常のお手入れはどうするの?
掃除機をかけることと、雑巾やモップなどによる乾拭きでOKです。
ただし、水拭きは表面の毛羽立ちや白濁の原因になる可能性があるのでできるだけ避けましょう。
◆年にどれくらいお手入れが必要なの?
無垢フローリングのお手入れは、通常は年に1度を目安にお手入れをすれば大丈夫です。
木材が吸収できるオイルの量には限りがあるため、頻繁に塗ってもべたつきの原因となり、汚れもつきやすくなってしまいます。
ある程度の期間は空ける方がよいようです。
◆全面しないといけないの?
フローリングは面積が大きく一度に大部分をメンテナンスしようと思うと、大変な思い切りと時間がいります。
その場合は、板の途中でやめてしまうと違いが際立ってしまうので板一枚だけでもいいようです。

こうしてみるとそこまで大変なことではないですよね。

さっそく実践!ということで、私の自邸にてオイルを塗ってみることにしました。
(実は私面倒くさがりやのため引っ越し以来一度も手入れをしたことがなく、メンテナンスは初です。)

うちのフローリングはアッシュ(タモ材)の自然塗装(オイル仕上げ)です。

こちらが塗装前。

 

IMG_6446

元々はもっと濃い色だったのですが、陽当たりのいい窓面に面しておりだいぶ色が薄くなってしまいました。

 

 

使ったのはキヌカオイル。
キヌカとは、お米を主原料にした100%自然塗料で、溶剤を使用していない安全な塗料です。
ちょっとだけコットンにオイルを含ませます。

IMG_6447IMG_6448
ちょっとのばしてみます。

IMG_6449

その後、何度かオイルを含ませ塗り進めること数分後。

 

IMG_6451
う~ん?わかりますか?
初めてだったので、多少のムラが気にはなりますが綺麗な木目や節がよみがえりました。
きれいに仕上げるには、少量を薄くすり込むことと、べたつきがなくなるまで、乾拭きをしっかり行うことが重要なようです。
次回はもう少し綺麗にできるはず、、です。
無垢フローリングは、夏は素足にさらさらと気持ちよく、冬は冷たくなりすぎない。
木のぬくもりを感じる暮らしに私はとても満足しています。
定期的なメンテナンスによって経年変化を楽しみ、愛着がわくわが家にしていきたいです。

無垢材にはもちろんデメリットも付きまといます。
傷も付くし、木は収縮を繰り返すため乾燥する冬はスキマが広がったりもします。
もしリノベーションに無垢フローリングを取り入れたいと考えている方がいらっしゃれば、無垢のメリット、デメリットのご説明はもちろん、樹種の選定までプランナーがアドバイスさせていただきます。

お気軽にご相談くださいね。

2017年03月13日 Posted by リノベーション担当 モリさん

好きなものを収納する棚

こんにちは。プランナーのくらたです。

最近、3歳の娘が「星野 源」さんが好きで休日は終日、星野源ライブDVDを見せられる毎日を過ごしております…

実は私、音楽を聴くこと自体は好きで(残念ながら星野源さんではありませんが)、
主に1950年~60代のジャズ、ソウル、ブルース等、時間があれば夜な夜な黙々とヘッドホンで聴いています。

しかしながら今から60年近く前の曲となる為、新譜当時の音源はレコードとなります。
まだ10代の聴き始め当初は今のようにネットが普及していない為、CDで復刻版等を探し聴いていましたが

ここで悪い癖である凝り性が発揮され…

どうせ聴くなら当時の音源で聴きたい!
再発版なんか嫌だ!
そこは米国オリジナル盤で聴きたい!

50年代~60年代となるとまだLP盤すら普及する前の時代で、
7インチ(いわゆるドーナツ盤)が主流でした。

こちらがLP↓ジャケ買い等という言葉が生まれたのもこの辺りが普及してからだと思います。

IMG_0434

こちらが7インチ盤↓ジャケットはもちろん、カバーさえない潔さ…

IMG_0297

これがまた、A面、B面と1曲ずつ計2曲しか聴けません。
通常のCDが70分前後ですが、片面およそ3分。

もちろん早送り、リピート、リモコンなどございません。

ということは3分に一度わざわざ針を戻しにいく必要があるわけです!!

当初は純粋に聴きたくて買っていたレコードも気が付けば買うために探すという本末転倒ぶり。

ただ好きになってしまったものは仕方ありません。
今では良い趣味に出会えたと楽しんでおります。

 
IMG_3341   IMG_2002

 

…と、私がなぜブログでこんなことを書き込んだかというと
20年近くこつこつ買い集めた我が子のようなレコード達も
気が付けば1000枚以上となり、いよいよ収納場所がなくなったので…

最近こんなん作りました!!!

IMG_4182

下はレコード収納、上はプレイヤー。

やはり職業病でしょうか、どうせ作るなら徹底したくなるもので
一枚ずつの寸法を計り丁度取出し易い高さを設定するのに1ヶ月。
立って聴きやすい高さの設定に1ヶ月。
帰宅してから夜な夜な何度も手書きで図面を書きましたね…

結局、計画を始めてから完成まで2年以上かかりましたが大変満足しております。

でも最近はあまりにも面倒で一曲ずつデジタル化してiPhoneで聴いています。
…と散々レコードの話を書き綴りましたが
実は今計画中のお客様のお家でトグル型(真鍮製)スイッチを採用することになりました。

IMG_6453  IMG_6454

こちらも昨今のユニバーサルデザイン的な思考とは真逆の商品。

でもご主人様がこのパチパチと上げ下げするアナログ感がたまらないという一言で採用決定。

わかります。その気持ち。

 

そう思うと私の音楽環境とリノベーションって少し似ているような気がしますね。
①中古マンション≒iPhone
②リノベ(床材、キッチン、インテリア等)≒レコード音源
③住む≒聴く、眺める

利便性の良い中古マンションにインテリアはアナログ感溢れた好きなものを!!
半ば強引ですが、そう思うと今の業務が天職なのではないかと思う今日この頃です。
さすがにこのネタも限界に近づいてきましたので
次回はにゃんこと暮らすリノベーション事例をご紹介します!!

Reno-Bloom_0160

2017年03月05日 Posted by リノベーション担当 KR田

<賃貸と分譲の違い>マンションの管理組合って??

こんにちは!
リノベーション担当の橋本です。

「中古を買ってリノベーション」で初めてマンションを購入する場合、
賃貸マンションと分譲マンションの違いのひとつは「管理組合」ではないでしょうか。

管理組合は建物の区分所有等に関する法律(以下、区分所有法)に基づいて構成されます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
第三条  区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地及び附属施設の管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を開き、規約を定め、及び管理者を置くことができる。
一部の区分所有者のみの共用に供されるべきことが明らかな共用部分(以下「一部共用部分」という。)をそれらの区分所有者が管理するときも、同様とする。
(区分所有法より抜粋)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨年中古マンションを購入し、ついに私も管理組合の組合員となりました。
マンションのご契約の際に仕組みについてご説明するものの、組合員になるのはハジメテ!

毎月行われる理事会の報告を管理会社がポストに入れてくれるので、
「ふ~ん。こんなことが話し合われているんだな~。」と見守っていました。

そして先月、「次年度の役員は○○号室、○○号室、●●号室(橋本家)、○○号室とすることで合意した。」との文字が!
2017年度は役員を担当することになりました。
知識はあれど経験がない!ドキドキ!

管理組合の役員の選定方法はマンションによって異なりますが、5年~10年位に一度「輪番制」といって順番に担当していくのが一般的。

面倒に思われる方もいるかもしれませんが、「マンションは管理を買え!」という言葉もあるように
管理組合できちんとマンションの問題点や修繕計画が話し合われ、適切に修繕を行っていくことでマンションの資産価値は保たれます。

何より、管理会社が入っている「全部委託」の場合は、修繕計画案や業者選定等相談したりアドバイスをもらうことができるので、専門知識がなくても大丈夫です。
ちなみに他の管理形態としては「一部委託」「自主管理」がありますが、「全部委託」より住民の積極的な参加が求められます。

先日、年に一度の住民全員が参加する総会が開かれ、正式に次年度の役員が承認されました。

マンションを探していた時を振り返ると、共用部の手入れが行き届いているところや、
売主さんから聞いた管理人さんが親切で助かった話などが購入の後押しになりました。

その時の良いイメージ通り、とっても快適に暮らしているので、
一年間役員をしっかり勤めていこうと思うのでした。

と、ここまで写真のないブログになってしまったので、
先日の見学会の写真を一枚
IMG_18826

奥に見えるのはハンモック!広々とした素敵なお部屋でした。
事例紹介をお楽しみに。

それではまた!

 

//// 阪急不動産の中古を買ってリノベーション Reno-Bloom
ロゴ(HRロゴ併用無し)
http://www.hankyu-renovation.com/renobloom/

2017年02月21日 Posted by リノベーション担当 橋本

2017年注目スタイル「モダンボタニカル」

皆様はインテリアスタイル「モダンボタニカル」をご存知ですか?
————————————————–
モダン/
(形動)現代的であるさま。近代的であるさま。モダーン。 「 -な服装」 「 -建築」
近代主義の事で、建築においては、過去の装飾を用いた様式建築を否定し、合理的で機能的なものの事。家具やインテリアにも繁栄される。

ボタニカル/
英語「botanical」の音写。植物の、植物学的な、などの意味の表現。ファッション用語として使われる場合は、植物のモチーフを使ったデザインを意味することが多い。
(Weblio辞典より)———————————–

ロハスやオーガニックなど自然志向のライフスタイルが浸透してきている昨今、
多肉植物やエアプランツなど身近に植物を置いて生活されている方も多いかと思います。

今注目の「モダンボタニカル」は、そんなボタニカル(植物モチーフ)に
グレーネイビーなどの引締めカラー×アイアン脚やガラスなどのモダンインテリアを組み合わせることで、
「スタイリッシュでかっこいい。だけど、落ち着ける。」そんな居心地のよさを実感いただけるインテリアスタイルです。

さっそく事例を見てみましょう!

弊社の一棟まるごとリノベーション「ブロド高槻」のモデルルームの一室です。
ブロドに関してはこちら→
brod_608_0017
締め色を壁にもってくることで、植物モチーフやウッドが映えますね。

brod_608_0111
キッチンの壁にもネイビー。寒色のアクセントクロス、とてもスタイリッシュに仕上がるのでおすすめです。

brod_608_0062
このように大物の観葉植物のほかにも雑貨感覚で小さな植物をちょこちょこっと置くのも可愛いです。

それではここで、個人的におすすめな「インテリアになじむ観葉植物」をご紹介します!
1ウンベラータ
原産地:熱帯・中央アフリカ
環境:12度以上の温かく、日当たりが良いところ
★くねくねと曲がった幹に、手のひらサイズの大きな葉っぱがかわいい!
キャプチャ
(スタッフ邸)

2フランスゴムノキ
原産地:東南アジア
環境:5度以上で日当たりのいいところ、急激な日照変化には弱い
★ゴムの木の中でも小ぶりの光沢ある葉っぱが可愛い。深緑色が北欧や濃い目カラーのインテリアにマッチ!
キャプチャ2
(スタッフ邸)

ゴムの木は種類が多く、葉の形状や色にもバリエーションがあります。
キャプチャ3
(bing.com画像検索イメージ)

他にもガジュマルやオリーブなど、お部屋のサイズに合わせて選べる種類もお勧めです♪

是非みなさんも植物を取り入れて、ボタニカルな生活してみてくださいね!
田和でした。

//// 阪急不動産の中古を買ってリノベーション Reno-Bloom
ロゴ(HRロゴ併用無し)
http://www.hankyu-renovation.com/renobloom/

2017年02月13日 Posted by リノベーション担当 田和

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・67・1046営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/毎週水曜

お問い合わせ
フォームから

ページトップへ戻る