中古マンション・戸建選びとリノベーションで自由な住まいづくり。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

MENU

リノブルームスタッフブログ

リノベーションの中間検査

こんにちは、プランナーのくらたです。

先日、6月下旬に着工した物件の中間検査に行ってきました。

中間検査とは文字通り工事の中間に検査を行うことです。
基本的に設計担当と施工管理担当、現場監督の3者で行い、リノブルームでは(現場によって多少の前後はありますが)
間仕切り壁のPB(プラスターボード)を張る直前に実施します。

木軸1のコピー

木軸2のコピー

計画通りの間仕切位置(間取り)となっているか確認するのはもちろんですが
最終的に隠れてしまう箇所(隠蔽部分)についてもこのタイミングであれば容易に確認が可能です。
この隠蔽部分の確認が非常に重要で、目で見える場所での不具合については(何もないことがベストですが…)
工事中の定期検査の際にも発見次第即時対応が可能です。

しかし一度、PBを張ってしまうと発見することが非常に困難となります。

その為、リノブルームでは事前にチェック項目を作成し2重、3重と検査を行います。
特に設備配管関係は将来の漏水リスクを伴う箇所の為、中間検査のタイミングで念入りにチェックを行います。

配管2のコピー

配管1コピー

 

今まで何度も工事中の立会いをしていますが、中間検査の時が一番どきどきします。

当初の工程通り進んでいるか…
お客様が思い描いているお家の完成形と相違がないか…

 

中間検査が終わると、あとは仕上げ工事まであっという間に進み竣工検査をむかえます。
竣工検査は完成した状態での確認となる為、不安というよりは楽しみという思いが強いですね。
今回の中間検査も大きな問題もなく安心しました。

ロゴ(HRロゴ併用無し)
どのようなお家が出来上がるか今から楽しみです。
完成しましたら改めてご紹介させていただきますね。

2017年08月05日 Posted by リノベーション担当 KR田

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・67・1046営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/毎週水曜

お問い合わせ
フォームから

ページトップへ戻る