中古マンション・戸建選びとリノベーションで自由な住まいづくり。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

MENU

リノブルーム公式ブログ

リノブルームコーディネーターに聞いてみよう!リノベーションにまつわるQ&A

こんにちは!リノブルームコーディネーターの石上です。
今回は、リノブルームに多く寄せられるご質問をご紹介したいと思います。

5s

Q リノベーションできる範囲はどこまでですか?

A マンションは、「躯体で囲まれたお部屋の内側(専有部分)」と「エントランスやエレベータなど(共用部分)」に分かれていて、リノベーションできるのは専有部分のみです。
専有部分であれば、構造躯体以外すべて変更可能ですが、お部屋のなかでも窓サッシや玄関扉、バルコニー、パイプスペース内の共用配管などは共有部分のため手を加えることはできません。

特に、サッシはお部屋の印象に大きな影響を与えるため、「新しくしたい」というご要望をいただくことがあります。古さや騒音が気になる場合や結露が心配な場合は、内窓を増設することで既存のサッシを隠してしまうという方法などをご提案しています。

Q 間取りはどこまで自由に変えられますか?

A スケルトンリノベーションでは、内装をすべて取り除き、構造躯体を残して一旦“スケルトン状態”に戻します。そのため、間取りから設備・仕様の変更はもちろん、電気配線や配管までも一新することが可能です。

工事をはじめる前にプランのご提案を行っているため、スケルトン状態になってからはじめて気づくようなこともあります。その場合は、わかり次第お知らせして、プラン修正のご相談をさせていただいております。

2017年09月19日 Posted by スズキ

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・67・1046営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/毎週水曜

お問い合わせ
フォームから

ページトップへ戻る