中古マンション・戸建選びとリノベーションで自由な住まいづくり。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

MENU

よくあるご質問

お気に入りの街に、
お気に入りの住まいを描くために。

理想の物件に出会うためのQ&A

物件探しやプランの相談にお金はかかりますか?
ご相談はもちろん、物件探しからプランやお見積り作成に至るまで無料です。また、相談内容が具体的でない段階でも、例えばこんな街に住んでみたい!あんな立地がいい!憧れのお部屋イメージは?と言った漠然とした内容で結構ですので、まずはお話を聞かせてください。一緒に、理想の住まい創りを始めましょう!
リノベーションのメリットを教えてもらえませんか?
最大のメリットは、お気に入りの街で、お気に入りの立地の物件を、新築物件に比べてコストを抑えて購入でき、その上、ライフスタイルに合わせて、間取りや設備・仕様からインテリアに至るまで、注文住宅のように自由に変えられることです。建築途上の新築物件でも間取りや設備・仕様の変更ができる場合がありますが、それはいくつかの既成プランからの選択にすぎません。
リノベーションに向いている中古物件って?
分譲マンションの価格は、築5年、10年と年数が経つごとに下がり続け、築20年ぐらいで下落が落ち着く傾向にあるのはご存じですか?築30年以降はほぼ価格が横ばいとなるのが一般的な傾向です。価格が下がりにくい築20年以降の中古物件は、ご入居いただいてからも資産価値の目減りが少なくリノベーションのハコとしておすすめしています。

※「中古マンションの築年別㎡単価変動率(近畿圏/2011年)」

※物件の状況により異なります。

中古物件探しで注意するポイントはありますか?
気をつけたいのが「リフォーム済み」の物件です。リフォーム済み物件の価格には、もともとの物件価格のリフォーム代金が上乗せされている場合があります。リノベーションを前提に物件選びをお考えならば、リフォーム前の手つかずの中古物件がおすすめです。
物件探しのエリアは?
基本的には、阪急・阪神沿線を中心とする京阪神・北摂エリアで、阪急ハウジングプラザの仲介サービス提供エリアを対象としています。新築よりも選択肢が豊富な中古物件の中から、沿線と地域を知り尽くした仲介スタップと共に、阪急不動産のネットワークを駆使して、お客様一人ひとりのピッタリな中古物件をご紹介いたします。ご遠方の方は個別にご相談承ります。どうぞご遠慮なくご相談ください。
戸建てのリノベーションはできますか?
「リノブルーム」は基本的にはマンション向けの商品ですが、戸建てもリノベーションすることができます。戸建ての場合は構造等の条件によって、どの程度の変更が可能か大きく異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。
リフォームとリノベーションの違いはなんですか?
一般的にリフォームとは、メンテナンスや部分的な補修など小規模な工事も含む改修工事一般のことを言います。それに対してリノベーションは、ライフスタイルに合わせて住まい全体を見直し、その家での暮らし全体に対処します。スケルトン状態に戻し、間取りの変更から設備配管・配線の更新や断熱工事、耐震補強までを含む、住まいの基本性能を高める大規模な改修工事とお考えください。阪急不動産の「リノブルーム」では、リノベーションを「建物に、新築だった時を上回る価値を加えること。」と考えております。お客様にとって、魅力的な理想の住まいを実現する最良の選択肢としてリノベーションをおすすめしております。

理想の住まいを叶えるためのQ&A

リノベーションできる範囲はどこまでですか?
マンションは専有部分(コンクリート躯体で囲まれたお部屋の内側)と共用部分(エントランスやエレベータ等)に分かれています。リノベーションの対象となるのは専有部分のみです。専有部分であれば構造躯体以外すべて変更可能です。お部屋の中でもサッシや玄関扉、バルコニー、PS内の共用配管等は共用部分となりますので、管理組合の許可なく移設したり、仕様を変更したりすることはできません。
間取りはどこまで自由に変えられますか?
リノベーションの場合、構造区体を残し、内装をすべて取り除きます。つまり構造躯体を残し、スケルトン状態に一旦戻すとお考えください。そのため、間取りから設備・仕様の変更はもちろん、電気配線・配管までも一新することも可能です。見えない部分も一新することで永く安心して暮らせる住まいになります。但し、配管設備等の設置条件により、水廻り位置の変更ができない等の制限のあるケースもあります。
リノベーションの予算は、どれくらい必要ですか?
リビングにホームシアターを設けたい!あるいはダイニングをカフェ風にお洒落に仕立てたい!と言ったご要望によって、その価格は千差万別。専有部分の広さやお選びいただく仕上げ材、設備・仕様によっても異なります。マンションのリノベーションは、まさに専有部分においての注文住宅と考えることができます。目安として、75㎡前後のマンションで800万円~1,000万円ぐらいのリノベーション事例が多いです。
お打合せと工事は、どれぐらいの期間が必要ですか?
プラン提案から設備・仕様の打合せに約1ヶ月、工事に約2ヶ月が目安。新築分譲物件と比べて、ご入居いただくまでに少し時間をいただくことになります。しかしながら、その約3ヶ月こそが、注文住宅のような理想の住まいを創り上げるにの必要期間。どうぞ新築分譲物件にはない自由と満足を手に入れてください。また、お打合せのご負担を軽減されたいお客様には、リノブルームの標準仕様をご提案させていただきます。
リノベーションできない物件もありますか?
物件の中には、構造上の制約があったり、管理規約で間取りや部材の変更が規制されている場合があり、リノベーションが難しい物件もございます。物件を選ぶ際には、エリアや立地条件に加えて、お客様がご希望されているプランが実現可能か見極める必要があります。阪急不動産では、エリアに精通している仲介担当者に加えて、経験豊富なコーディネーターが現場に同行し、物件選びをお手伝いいたします。
中古マンションは内装や設備の古さは何とかなりますか?
リノベーションの場合、基本的には構造躯体を残し、内装をすべて取り除くので、物件見学時にご覧いただいた専有部分の状態に憂慮する必要はありません。むしろ中古マンションの場合には専有部分よりも、建物全体をよく見て、外壁の痛み具合や建物の管理状態・住人の雰囲気等々をチェックする方が大切です。
漠然とこんな風にしたいと言うイメージだけでご提案いただけますか?
もちろん大丈夫です。ご家族のコト、暮らしのコト、予算のコトを伺い、最終的には阪急不動産の経験豊富なプランナーがお客様が抱いているイメージをカタチにいたします。その際、お気に入りのカフェの写真やインテリア雑誌の切り抜き等、参考になるものがありましたら、ぜひお持ちください。「具体的じゃないから・・・。」「こんなことは出来ないかも・・・。」と遠慮なさらず、まずはお客様のご要望をお聞かせください。
完成形をイメージする方法はありますか?
阪急不動産では、施工途中の工事現場をご覧いただける現場見学会や、リノベーション後の物件完成お披露目会等のイベントを開催しています。また、新築分譲物件のマンションモデルルームをご覧いただいて、広さや最新の設備・仕様を参考にしていただくことも可能です。阪急不動産の総合力で暮らしづくりをお支えいたします。
ローンは利用できますか?
もちろんご利用いただけます。物件購入費用とリノベーション工事費用を一体化し、同一金利で借り入れ可能な優遇ローンの設定もございます。

住まいに愛着を育むためのQ&A

施工中に現場を見学することはできますか?
施工中は安全上の理由により現場に立ち入れない日があります。通常、お客様には解体工事後、中間検査、竣工検査と、施工中の現場をご確認いただく機会として、検査の立会をおすすめしています。
リノベーションを機に、照明や家具を新調したいのですが?
「リノブルーム」では、照明やカーテン、家具もお部屋に合わせてトータルでご提案いたします。また、阪急不動産提携のインテリアショップをご紹介させていただきます。
入居後に不具合があった場合、どこに相談すればいいの?
「リノブルーム」では、施工内容によりますが、2年間の保証制度を設けています。また、お引き渡し後、1年後と2年後に定期メンテナンスのご案内を実施し、不具合やお客様のご意見を伺っております。
施工の管理体制はどうなっていますか?
内装の美しさや仕上げの丁寧さ等はもちろん、リノベーションの基礎とも言える見えない部分も徹底した品質管理を行っております。例えば、工程の節目や重点管理ポイントにおいて、約130項目にわたる独自の検査項目を設けて、専門スタッフが厳しくチェック。阪急不動産では、実際に住みはじめると見えなくなる箇所にも、安心して永く住まい継いでいただくための高品質を追求いたしております。

CONTACTお問い合わせ

お電話から

0120・67・1046営業時間/AM10:00〜PM6:00 定休日/毎週水曜

お問い合わせ
フォームから

ページトップへ戻る