中古マンション・戸建選びとリノベーションで自由な住まいづくり。北摂・阪神間を中心に大阪・神戸・京都に展開する阪急不動産の「リノブルーム」

menu

リノベーションってなに?

古くて新しい、
これからの住まいのかたち-リノベーション。

「リノベーション」と「リフォーム」とはどう違うのでしょうか?
「リフォーム」がメンテナンスや部分的な補修など小規模な工事も含む改修工事一般を指すのに対し、「リノベーション」はライフスタイルやライフステージに合わせて住まい全体を見直し、その家での暮らし全体について対処するための包括的な改修を指します。
例えばマンションであれば、スケルトンと呼ばれる構造躯体以外の間仕切りや仕上げを全て取り払った裸の状態から作りなおす工事などが該当します。
予算・間取り・立地・広さ・デザインを満足のゆく高い次元で実現出来る住まいづくり、それが中古物件×リノベーションです。

中古物件×リノベーションでできる
十人十色の住まいづくり。

住宅供給は「フローからストックへ」

時代は今、新しい住宅を次々と供給してゆく「フロー」型から、中古市場を中心に今ある住宅を活用してゆく「ストック」型へと移行しつつあります。それは日本が人口形態や経済的に成熟した社会として、そして世界的な環境問題に対する必然でもあります。それが中古物件×リノベーション時代が到来している大きな理由です。

政府の政策として

政府はフローからストックへの住宅施策を2001年に打ち出し、様々な政策の方針転換を経て、官民連携したストック型への住宅供給制度化を進めています。

データで見るリノベーション

電話でお問い合わせ

お問い合わせフォーム